サイバーコネクトツーモントリオールスタジオブログ

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーのモントリオールスタジオからカナダの情報をお届けするブログ

モントリオールのゲームクリエイターは日系企業に夢を見るか?

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ←1日1回ポチっとお願いします!

ボンジュール! サイバーコネクトツーモントリオールスタジオのヤマノウチです。

 

最高気温10℃越えで、ちょっと温かくなったモントリオール。

今日はダウンタウンから打ち合わせスタート!

 

 

f:id:cc2_montreal:20161109114624j:plain

↑朝の青空と冷たい空気が清々しい!

 

 

f:id:cc2_montreal:20161109114635j:plain

↑仕事モードのミヤザキ。ラーメンは一時封印。

 

f:id:cc2_montreal:20161109114647j:plain

↑某オフィスからの眺め。紅葉がキレイだ。

 

 

今日は、銀行や弁護士など、カッチリした打ち合わせのあと、スタジオにもどって求人についてリクルーティング会社との会議。

 

日本のゲーム会社としての強みや個性を生かして、どうやって他社と差別化していくか求人戦略を練る。

 

モントリオール自体は、ゲームクリエイター人口も多く、人材を見つけやすいものの、優秀な人材ほど取りあいになり採用コストが増えていくのは、どこも同じこと。

 

そのうえ、我々はあくまで開発会社なので、現地大手パブリッシャーと同じ土俵で勝負していくのは不利。

 

であれば、日本文化に興味のあるクリエイターや、弊社のこれまでの制作実績や企業文化に関心のある方を探していく他ない。それらを、モントリオールのクリエイターにうまく伝えて魅力を感じてもらうためには、現地の文化や日本との労働条件の違いなどを理解していく必要もある。(日本との違いは別途まとめたい)

 

すでに求人活動ははじめており、多くの反応もいただいてはいるが、これからさらに具体的に条件を提示し、採用に向けて面接や交渉を行っていく。

 

正直、やってみないとわからない部分もあり、あとはもうトライ&エラーを繰り返しながら最適解を探っていくしかない!

 

・・・・

 

ってな感じで、頭でっかちになってきたところで、カロリー補給!

 

さすがにラーメンは一時封印し、カジュアルなフランス料理のお店に。

(モントリオールはフランス文化の名残を色濃く残しており、料理もそれっぽいものが多い)

 

f:id:cc2_montreal:20161109114659j:plain

↑コーディネーターであるサンブリッジ山口さんに紹介してもらった「Le Chien Fumantという隠れ家的なお店。これは前菜。このあとメインディッッシュ2皿、デザート1皿といったボリューム。とにかく全部うまい!

 

ラーメン三昧な日々を抜け、やっとモントリオールらしいディナー・・・身も心もおなかいっぱいでございます!!

 

さて、明日もがんばろう!

 

(ヤマノウチ)