サイバーコネクトツーモントリオールスタジオBlog

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーのモントリオールスタジオから現地カナダの情報をお届けします!

モントリオールから手紙を送るぞ!の巻

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ←1日1回ポチっとお願いします!

ボンジュール! サイバーコネクトツーモントリオールスタジオのヤマノウチです!

 

先日、ちょっとした用でモントリオールから手紙を送ることがあったので、その送り方を備忘録的に書いておきます。

 

 

今回は、モントリオール⇒モントリオールという、ドメスティックな手紙の発送です。※カナダ⇒日本に送るわけではない

 

まずは、「切手」を買いにいきますぞ!

 

f:id:cc2_montreal:20161201054118j:plain

↑この「カナダポスト」の赤い看板が目印です!

 

どうやら、モントリオールには「ザ・郵便局」みたいな施設は少ないらしく、大体、薬局+郵便局とか、ガソリンスタンド+郵便局のように、何かと併設されてるケースが多いようです。

 

ということで、会社近くの雑貨屋に行ってみましたー

 

ここは英語の練習も兼ねて、店員さんに話しかけるぜ!

 

・・・・

 

ヤマノウチ「こんにちは、切手ください!」

 

店員「OK、いらっしゃい!いくらの切手が欲しいの?」

 

ヤマノウチ「いや~ ボク、日本から来たんですけど、いい街ですね~モントリオールは」(←ぜんぜん話きいてない)

 

店員「観光ですか?」

 

ヤマノウチ「観光っていうわけじゃないんですけど、まあちょっと手紙を送りたくて」

 

みたいな感じで話してたら、「こいつは日本に手紙を来る気だな?」と思われ、気づいたらインターナショナルスタンプ(国際切手)を買ってしまいました。

 

慌てて戻って、ドメスティックスタンプ?(国内切手)を買い直し、事なきを得ました。それがこちら↓

 

f:id:cc2_montreal:20161201054051j:plain

↑ちょうどクリスマスシーズンなので、切手も特別なデザインみたいです。かわいいですね。

 

国内用が$1+tax、海外用が$2.5+taxでしたー。

日本とくらべるとちょい高。

 

でも、カナダの切手って、裏がシールになっていて、日本みたいに水に浸けたり舌でベロリンする必要はないです。便利。

 

じゃあ、次は封筒を用意しましょう!

 

f:id:cc2_montreal:20161201054215j:plain

↑こんな感じで、あんまり日本と変わらないですね。

 

真ん中らへんに大きく「宛先」を書きます。大きく!

カナダポストのサイトによると、

(1)名前

(2)住所1

(3)住所2 ※市、州、郵便番号

と3行に分けて書けと書いてありました。

 

続いて、左上あたりに小さく「自分の名前・住所」を書きます。小さく!

封筒の場合、裏面に書いてもいいそうです。

 

最後に切手を右上に貼ります。

日本だと、左上に切手を貼ることが多いですが、逆ですね。

 

f:id:cc2_montreal:20161201054036j:plain

↑完成した封筒。 (これはサンプルなので住所は会社の住所です)

 

モントリオールの郵便番号って、数字とアルファベットの組み合わせなんですねー

うちの会社だと、「H2T 3B3」が郵便番号です。日本とちがうな~

 

さあ、あとは投函するだけですね!

 

一応、郵便物の重さやサイズで、必要な切手の値段が違うので、カナダポストのサイトで調べるか、郵便局で図ってもらったほうが良さそうです。

 

↓ここでチェックできます

https://www.canadapost.ca/cpotools/apps/far/business/findARate?execution=e1s1

 

f:id:cc2_montreal:20161201054236j:plain

↑いざ投函! これがモントリオール(カナダ)の郵便ポストです。

 

色は赤いので、日本と同じですね。四角いのも。

デザインは、奇抜な感じですね。郵便番号がコラージュされています。

あと雪が積もらないように、BOXの上部がナナメになってますね!(なんかちょっと積もってますけど)

 

これで手紙発送の完了です!

またひとつ、モントリっ子に近づいたぜー!

 

(ヤマノウチ)