サイバーコネクトツーモントリオールスタジオBlog

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーのモントリオールスタジオから現地カナダの情報をお届けします!

改めまして、自己紹介!

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ←1日1回ポチっとお願いします!

ども! サイバーコネクトツーモントリオールスタジオのヤマノウチです。

 

今回は、いまさらですがワタクシたちの自己紹介をしたいと思います。サイバーコネクトツーを知らない方もいらっしゃると思いますので、そのあたりから。

  

 

 
株式会社サイバーコネクトツー

f:id:cc2_montreal:20170117010425p:plain

サイバーコネクトツーは福岡に本社を持つゲーム開発会社です。1996年にサイバーコネクトとして創業し、2001年にサイバーコネクト“ツー”と名前を改めました。東京にも支社があり、福岡本社と併せると200数十名のスタッフが勤務しています。

 

代表取締役 松山 洋(まつやま ひろし)

f:id:cc2_montreal:20170117011320j:plain
開発の傍らで毎月、60冊の漫画誌を読んでいる大の漫画好きです。もちろん、アニメ、映画、ゲームも幅広く、こよなく愛する、熱く濃い人間です。

 

松山のことを紹介しだすとページが足りなくなってしまうので、割愛しますが、自伝的書籍も出ていますので、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。(冒頭は無料で読めます)

www.cc2.co.jp

 

※最近、マンガのレビューなんかもやっています。

honz.jp

 

これまでの開発作品として、『.hack』シリーズや『ナルティメット』シリーズ、『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』、『ASURA'S WRATH アスラズ ラース』などが挙げられます。

 

映像演出に特別なこだわりを持っており、『NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム』では、その表現が評価され第13回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門において優秀賞を受賞しました。

 

アニメ・漫画を原作とする作品も多く手掛けており、それらの原作を忠実に再現し、ゲーム作品として押し込む「原作再現」手法も好評いただいております。特に、北米・欧州などの海外で名前が知られるようになりました。

 

そんな、同社の20周年にあたる2016年に、戦略的に設立されたのがモントリオールスタジオなのです。

 

 

モントリオールスタジオ

f:id:cc2_montreal:20161206014748j:plain

登記上は2015年11月にカナダ現地法人として設立。その後、内装工事や諸手続きを行い、2016年10月に第1号スタッフとしてヤマノウチが赴任しました。

 

モントリオールを選んだ大きな理由のひとつが、クリエイティブ人材が豊富なことです。この小さな街の中にたくさんのゲーム関連企業が集まり、1万人を越えるクリエイターが働いているそうです。

 

さらに、モントリオールは公用語がフランス語、第二言語が英語なため、バイリンガルも多く、米国や欧州をつなぐ中継地点としてクリエイターが集まりやすい文化的背景もあります。

 

例えば、海外のクリエイターが日本で働きたいと思った場合、「日本語スキル」という言語の壁に阻まれるケースもあります。そんなとき、モントリオールに日本企業があればもっと来やすくなるかもしれません。

 

また、州政府・連邦政府による多くの税制優遇や支援を得られる点もあります。これにより、ゲーム開発やスタッフの採用・教育などに、より多くのお金や時間を割くことができます。

 

実は、私がこのスタジオ立ち上げプロジェクトに加わる前から、弊社の代表・副社長らで海外スタジオの立ち上げが検討され、世界各地およそ10都市が候補に挙がっていました。

 

そこから2011年の「MIGS」(Montreal International Game Summit)に松山が招待され、登壇した際に現地の方々からプレゼンテーションいただき、最終的にモントリオールに決定しました。

 

 

ヤマノウチ

f:id:cc2_montreal:20161206014949j:plain

サイバーコネクトツーモントリオールスタジオのスタジオマネージャー。(このブログの管理人)

 

出身は鹿児島県。5人兄弟の長男として誕生(上に姉が一人)。小学校5年生のときに読んだ『ゲームデザイナー入門 (小学館入門百科シリーズ)』の影響で、ゲーム開発者になることを夢見ていました。

 

高校卒業後、福岡に移りゲーム系の専門学校に入学。ゲームプログラミングを学ぶも、途中で挫折して転コースすることに(数学がめちゃくちゃ苦手だった)。DTPデザインとイラストレーションを学び直し、卒業後は、小さなデザイン事務所でWEBデザイナーとして勤務していました。

 

サイバーコネクトツー本社には、2007年に入社。入社当初は、広報・総務の部署でWEBデザイナーとして勤務しており、主に同社の公式サイトや、開発を担当しているゲームタイトルのサイトなどを作っていました。その他、イベントに参加したり、代表の松山の取材に同席したりと、広報としての業務も行っていました。

 

その後、若気の至りもあり、2012年に一度サイバーコネクトツーを退職。フリーランスのWEBデザイナーとして独立しました。しばらく活動を続けたものの、思い描いたことはできず活動を断念し、紆余曲折を経てCC2に復帰しました。出戻りを受け入れてくれた代表の松山や、副社長の宮崎には足を向けて寝れません。

 

宣伝広報室のWEBデザイナーとして復帰し、しばくして同チームのチーフ(チームリーダー)に就任。優秀な部下に恵まれ、それまで以上に、精力的に広報・プロモーション活動を行いました。

 

このモントリオールスタジオのプロジェクトが立ち上がった際、社内スタッフに向けて赴任希望のアナウンスが行われたのですが、「これはいいチャンスだ」と思い、すぐに立候補しました。その後、役員へのプレゼンテーションなどを経て、正式に赴任が決定。2016年10月に一家そろってモントリオールに移住しました。

 

私は、常々「人と違う、新しいやり方をしたい」と思っています。9年間、CC2に勤めていますが、毎年まったく異なるやり方、過ごし方をしてきました。モントリオールプロジェクトも同様で、これ通じて「まったく新しい勝ちパターン」を模索したいと思っています。

 

このように常に新しいチャレンジができるのも、この会社の魅力で、まだ30代前半である私のような若輩者をマネージャーに抜擢するのも、CC2ならではだなと思います。

 

まだまだ未熟なことばかりですが、いまは若さを糧に我武者羅に、でも冷静に、邁進したいと思っています。

 

ちなみに、これまでに海外生活経験はなく、英語はカタコト、フランス語はまったくできません。目下、勉強中!

 

私の家族

せっかくなので、このブログに登場する私の家族も紹介します。

全員、私と一緒に2016年10月にモントリオールにやってきました!

 

 

チビノウチ

f:id:cc2_montreal:20170117020438j:plain

ただいま1歳2カ月の女の子。ヤマノウチ家の長女として日本で誕生し、1歳の誕生日をモントリオールで迎えました。最近、立って歩けるようになり飛躍的に成長中。目が離せない状態に。まだ喋ることはできません。

 

 

ネコノウチ・グレー

f:id:cc2_montreal:20170117021300j:plain

4歳オス。保健所に預けられていたところを、保護された猫。その後、1歳のときにネコノウチ・ブラックとともにヤマノウチ家に迎えられました。ただいま、体重6.4kg。そこらのワンちゃんよりも大きいが、優しく人懐っこい性格で、娘の攻撃にも静かに耐えている。

 

 

ネコノウチ・ブラック

f:id:cc2_montreal:20170117021831j:plain

4歳オス。グレー同様の保護猫。グレーとは血のつながりは無いが、兄弟のように仲がいい。超臆病なため、ヤマノウチ家以外の人間の前には滅多に顔を出さない。彼を抱けるのは、ヨメノウチのみ。ただいま、体重5.5kg。いつもはクローゼットに隠れているが、寝るときは同じベッドで寝る、実は甘えん坊な猫である。

日本からやってきた際、トロント空港で脱走した事件あり。(これはいつか記事にしたい)

 

ヨメノウチ

いまだブログに出てこないヤマノウチの妻。ヤマノウチよりも年上の姉さん女房である。博多生まれの博多育ち、生粋の博多っこ。やはり、英語・フランス語はできないため、日々の生活で困ること多数。いつもは、チビノウチとともに自宅に籠っていることが多いこともあり、モントリオールでお友達になってくる方を募集中とのこと。

 

==================

 

ということで、ちょっと長くなってしまいましたが、以上、自己紹介でした。

今後ともよろしくお願いします!

 

(ヤマノウチ)