読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイバーコネクトツーモントリオールスタジオBlog

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーのモントリオールスタジオから現地カナダの情報をお届けします!

ゲーム開発会社の社員研修「コミュニケーションゲーム」とは?

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ←1日1回ポチっとお願いします!

ども! サイバーコネクトツーモントリオールスタジオのヤマノウチです!

 

先週、サイバーコネクトツーでは、年度末の「全社会議」が行われました。

 

 

f:id:cc2_montreal:20170124013410j:plain

↑福岡本社のようす

 

毎年行われる、全社員参加の報告会です。

 

各プロジェクトのリーダーや部門長が登壇して、進捗や施策の結果、来期の目標などを発表します。

 

f:id:cc2_montreal:20170124013922j:plain

 

私もSkypeでモントリオールから参加!モントリオールスタジオの発表をしましたー!

 

そして、プロジェクト報告のあとに待っているのが、うちの伝統?ともいえる「社員研修」!

 

毎年、趣向を凝らした体験型ゲームを、社員全員参加で実施します。

 

過去には、「中忍試験」と呼ばれるゲーム業界&CC2関連クイズ新しい○○ゲームを考えよう!ゲームのキャッチコピーを考えよう!など・・・様々な研修が行われてきました。

 

今年は、「コミュニケーションゲーム」!

 

「ゲーム制作はコミュニケーション」という、スローガンを掲げるCC2では、コミュニケーション能力が試される研修をよく実施しています。

 

今回は、18チーム(1チーム9~10人)に分かれて、クロスワード&問題にチャレンジ、一番早く正解したチームが勝利!

 

私は、だいたいいつも運営側だったので、ゲームの内容を考えたり、当日の運営を行うのが常だったのですが、今回は参加側に・・・!(入社してはじめて)しかも班長だ!ひー!

 

18チームの班長は全員、東京スタジオもしくはモントリオールのスタッフ。副班長・チームメンバーは福岡本社。

 

遠隔からチームメンバーをまとめさせ、課題に取り組ませようという、運営班の思惑が感じられる!試されるコミュ力(ムムッ)

 

詳しいゲームルールはこんな感じ↓

  1. 社内に隠された「設問」を探す
  2. 「設問」を解く
  3. 「運営スタッフ」に回答を見せ、正解したら「ヒントカード」を入手
  4. 「ヒントカード」を元にクロスワードを解き、答えを運営にメール
  5. 正解なら「最終課題」が与えられる
  6. 「最終課題」に挑戦する
  7. 一番早く正解したチームが優勝!

 

ぐぐっ・・・これは骨が折れそうだ。

 

ええい!やるぞ!ヤマノウチ班!

 

班割りとルールは、2日目に公開されていたので、まずはチームメンバーと連絡をとって作戦会議。

 

うちの班では、問題を見つける「探索班(副班長ふくむ6名)」と、問題を解く「回答班(班長ふくむ3名)」にメンバーを分割。


Skypeでビデオ通話しつつ、チャットツールを使ってメンバー全員で情報共有&指示をすることにしました。

 

当日までに、気を利かせたメンバーが設問管理用のシートや、役割個所の図などを作ってくれた!(ナイス!)

 

そして本番。

よーいスタート!

 

まずは、福岡側のメンバーが「社内に隠された設問」を探します!

がんばれ、探索班!

f:id:cc2_montreal:20170124021557j:plain

↑設問を探すスタッフたち。見つけたらすぐにスマホで写真を撮り、メンバーに共有するわけです。

 

f:id:cc2_montreal:20170124021651j:plain

↑共用部にも問題が隠されているぞ!他のチームにばれないように探す。

 

f:id:cc2_montreal:20170124021715j:plain

↑あった!! こんなところに隠されているぞ!(植木鉢に)

 

問題が見つかったら、回答班が問題を解きます。

 

f:id:cc2_montreal:20170124021742j:plain

↑これは問題の一例。

 

【問題】6=水、12=師、1=睦、10=神、7=何か?

 

答えはなんだかわかりますか?

 

正解は「文」です。問題の内容は、陰暦の頭文字をとったものですね。7月は、文月なので、答えは「文」となるわけです。

 

ネットは使ってOKなので、いかに陰暦という問題のポイントに気づくかが大切!気づいたら素早く調べる、共有する。

 

これが全部で16問あります。数学問題、図式問題、穴埋めなど。「来期の抱負を答えろ!」など、サービス問題もあり。

 

時間経過とともに、運営班からヒントが送られてくる。それをチームメンバーに逐一共有するのも大事なポイント!

 

設問があらかた見つかったら、メンバーを回答班に回して、みんなで問題を解きました。

 

その回答を持って、運営メンバーへ報告。あっていれば、クロスワードのヒントがもらえます!

 

f:id:cc2_montreal:20170124022630j:plain

↑けっこう間違えて、何度もやり直した・・・

 

タテ12:今日。この日。

 

今日のことを何というか・・・? えー・・・?

クロスワードシートを元に記入していきます!

(答えは:ホンジツ)

 

f:id:cc2_montreal:20170124023006j:plain

↑ちょこちょこ間違えたが、なんとかキーワードを埋められた!(メンバーの直感で埋めたところもあり)

 

そのキーワードを運営班にメール!

 

正解!

 

やったー!最終問題が送られてきたぞ!

 

f:id:cc2_montreal:20170124024344j:plain

↑私のメモ。手がきの個所は間違っている・・・

 

また難しそうなのきた・・!!!

 

あとは、これを解くだけ。

 

日本側は朝だが、モントリオールはすでに夜だったので、私の思考回路は全くといっていいほど機能していなかった・・・。

 

ほどなくして、Skypeのビデオ通話越しに、「できたー!」との声が。

 

(マジか?!・・・すごいな)

 

持つべきものは仲間!

 

答えは「カイト」!(うちで開発しているゲームの主人公の名前だ)

 

さっそく回答して、ゲーム終了。

結構はやいんじゃないの!!!

盛り上がるヤマノウチ班チャット。

 

f:id:cc2_montreal:20170124030301j:plain

 

さあ、いよいよ、結果発表!

 

私はモントリオールに1人、Skypeとチャット越しに指示を出すだけ。それもほとんどは福岡側のメンバーが自主的に拾って対応してくれるという、「あれ?班長(わたし)いらなくない?」と思うような、グッドなチームプレーでした。

 

なので、きっと勝てる・・・!!

 

・・・結果、ドン!

 

f:id:cc2_montreal:20170124032002j:plain

 

第3位ーー!!!!

 

負けたーーー!!!

 

1位のチームとは、4分差・・・。行けたと思ったのになぁ・・・。

(1位には素敵なごほうびもあるよ!)

 

ということで、残念ながら1位にはなれませんでしたが、遠隔地からチームメンバーと共同作業するという、実務では必須のやり取りを、ゲームを通じてシミュレートできるいい機会になりました。

 

お題が発表されてから当日までの間に、遠隔チームとの連絡、作戦立て、役割分担など、事前準備の大切さも改めて実感しました。

 

ヤマノウチ班の皆さん、お疲れさまでした。ありがとうございました!

福岡本社・東京スタジオの皆さんもお疲れさまでしたー!

 

さあ、次回の研修課題はどんな難題がやってくるのでしょうか。期待したいと思います。

 

現場からは以上です!

 

(ヤマノウチ)