サイバーコネクトツーモントリオールスタジオBlog

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーのモントリオールスタジオから現地カナダの情報をお届けします!

カナダ・モントリオールの賃貸事情(家探しから契約まで)

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ←1日1回ポチっとお願いします!

アロー! モントリオールスタジオのヤマノウチです!
Allo! Ici, Koji de CyberConnect2 Montreal Studio!

 

今回は、モントリオールでの家探しについて、実際に赴任前に調べたことをベースに備忘録も兼ねてご紹介!

 

 

f:id:cc2_montreal:20170308083521p:plain

 

■日本との違い:

1.大家さんと直接契約

日本だと、賃貸情報サイトや、街中にある不動産仲介の店舗で探して、不動産屋さんと契約しますが、モントリオールの賃貸では不動産屋さんに頼らず大家さんや管理会社と直接リース契約を結んで部屋を借ります。

 

2.平米ではなく、部屋数で換算
物件は、「X+1/2」と表示されることが多い。Xは部屋の数(キッチン、リビング含む)、+1/2はバスルームのことです。ちなみに、モントリオールのバスルームは、洗面所・トイレ・シャワー/バスタブが一緒になっているタイプがほとんど。

 

例:1 1/2=日本のワンルーム
例:3 1/2=キッチン+リビング+寝室1つ+バスルームと推定できる(3R/2K/1DKの可能性もある)

 

なお、ほとんどの物件は、日本ではあたり前な「間取り図」が無いことが多いので、実際に行ってみるか、写真を見るまで、どんな間取りなのかはわかりません…!

 

 

■物件の探し方:

1.ネットで探す

こちらだと「クラシファイド」というネット掲示板?のようなものが盛んで、家に限らず、仕事探しや中古品の売買なども行われています。(日本でいう地元掲示板みたいな)

 

カナダでは、KIJIJI(キジジ)というサイトが有名みたいです。私もこのサイトのアパート情報を毎日にようにチェックしてました。(英・仏対応)

www.kijiji.ca

 

私のオススメは、WALKSCOREというサイト。「駅が近い」、「スーパーが近い」などの基準を元に、物件の住みやすさを点数にしてくれるので、分かりやすいです。

 

私は、最終的にこのサイトで「98点」という高評価だった物件に決めました。

www.walkscore.com

↓地図モードで見ると、より分かりやすいです。

Apartments Search - Walk Score

 

■その他のサイト

日本人の場合、日本語クラシファイドの物件欄から探すのも良さそうですね。

from-montreal.com(日)

e-Maple  (日)

moreMontreal appartment (仏・英)

Rental Duproprio  (仏・英)

 

2.フリーペーパーのクラシファイド欄で探す

ちょっとハードルが上がりますが、下記の無料情報誌のクラシファイド欄にも物件情報が載っています。

Voir(仏)Hour(英)Metro(仏)24 heures(仏)

 

3.歩いて探す

住みたいエリアがはっきりしているなら、これが一番確実な方法かもしれません。入居者募集中の物件は、家の壁や窓際に「À LOUER/RENT」の看板が出ています。

看板に、大抵は電話番号が載っているので、そこに連絡し、大家さんにアポイントを取れば、物件の見学などができます。

モントリオールの賃貸契約は6月末で更新されるパターンが多いため、そのぐらいの時期が狙い目かもしれません。(7月頭が引っ越しシーズン)

 

 

■家探しのチェックポイント

基準は人それぞれですが、特に見ておくべきポイントは下記の5つ!

  1. 地下鉄、バス停が近いか
  2. 近くにスーパー、薬局(郵便局)等があるか
  3. 光熱費(暖房費)は家賃に含むか 
  4. エリアの言語(英語圏?仏語圏?)
  5. 家具付きか

 

雪の季節が長いので、駅やスーパーが近いほうが断然いいです。

あと、郵便局は不在荷物の受け取りに使うので、近いほうがいいです。(再配達がないので、重くても取りに行かないといけない)

 

水道代は税金でまかなわれているので、毎月払うことはないですが、光熱費は別。物件によっては、家賃に含まれていることもあります。特に、長い冬の期間は、暖房をつけっぱなしなので、光熱費がかなり掛ります。

家賃に含まれていると安心な反面、大家さんによっては暖房の設定温度に決まりがある場合もあるそうです。

 

エリアによっては、メインで使われている言語が違うこともあるので、事前に要チェック。日本人の方は、NDG(Notre-Dame-de-Grâce)エリアや、ウェストマウントエリアなど、英語圏に多く住まれているようです。

※ちなみにうちはプラトー/マイルエンドエリアで、仏語が強いです。(全然わからない)

 

家具付き物件の場合、洗濯機、乾燥機、オーブン、冷蔵庫、寝具など(物件によりけり)が付いてくるので、すぐに生活がスタートできて便利ですね。

※うちは、オーブン、冷蔵庫のほか、お皿やタオル、洗剤、文房具なども置いてありました。(文字通り、置いてあった、という感じ)洗濯機、乾燥機は有料で前入居者から購入しました。

 

 

■住宅探しの用語

検索するときに使うキーワード一覧

日本語フランス語英語
家具付き※1 Meublé Furnished
半家具付き※2 Semi-meublé Semi-furnished
家具なし※3 Non meublé Unfurnished
板張りフローリング Plancher de bois franc Hardwood flooring
バルコニー Balcon Balcony
暖房費込み Chauffé Heating included
電気代込み Électricité comprise Electricity included
インターネット代込み Internet compris Internet included
熱湯代込み Eau chaude comprise Hot water included
洗濯機の取水口 Entrée laveuse Washer connection
乾燥機の取水口 Entrée sécheuse Dryer connection
食洗機 Lave-vaisselle Dishwasher
ペット可 Animal autorisé Pets OK
駐車場 Stationnement Parking facility
エレベーター Ascenseur Elevator

※1必要最低限の家具が含まれる(例:洗濯機、乾燥機、オーブン、冷蔵庫、寝具等)定義は物件によりけり。

※2キッチンが整っている(例:オーブン、冷蔵庫等)定義は物件によりけり。

※3一切家具が備わっていない(すべて一から揃える必要がある)

 

 

■契約時の注意点

●契約時に、保証金(Deposit)か、前払い金として1ヶ月程度の家賃を求められることが多いです。再請求などのトラブルを避けるため、必ず領収書をもらっておく。

※私の場合、日本からの移住ということもあってか、2か月分の前払い家賃を求められました。

 

●契約期間の途中で解約するときに備えて、契約書はよく読んでからサインする。(保証金は返ってくるかなど)

 

●家賃は小切手支払いが主流のようです(大家さんにもよるでしょうが)。事前に現地の銀行口座を開設し、小切手の手配をしておくといいでしょう。
※私の場合は、前払い家賃は銀行振り込み。入居後の家賃は、契約期間分の小切手を書いて、まとめて大家さんに渡しています。

 

●前入居者から家具などを購入する(テイク・オーバー)の際は、やり取りに大家さんは関与しないケースが多いので注意。入居した後に不備・故障等が分かっても、前入居者と連絡が取れないケースもあるので、家具等に不備がないかをよく確認する。

※私は、前入居者から洗濯機・乾燥機を格安で購入しましたが、やり取りや入金は直接行いました。

 

●契約期間は、たいてい6ヶ月/1年。契約期間内に退去することになっても、契約期間分の家賃は自分で支払うか、他人に又貸し(Sublet)して、大家への支払いを保証する義務があります。逆に、自分がサブレットで契約を引き継いで入ることになるかもしれないので、事前に契約内容を確認する。

 

●住まいの備品等がすでに壊れていた場合は、発覚した時点で大家に申告する。申告しておかないと、部屋を出る際に修理代を請求される場合がある。

 

 

■我が家の場合…

うちの場合、ちょっと特殊かもしれません。入居までの経緯はこんな感じ↓

 

1.仕事の出張でモントリオールに来た際に、いくつか物件を見学。雰囲気を掴んでおいた。(実際には見学した物件で契約はしなかった)

 

2.日本にいる間に物件をリサーチ。前述のサイトで調べ、「これだ!」という物件を決定(赴任3週間前)

 

3.現地、モントリオールに居るコーディネーターさんにお願いして、物件を下見してもらう&写真を撮って送ってもらう。

 

4.良さそうだったので、そのままコーディネーターさんにお願いして、大家さんと仮契約を結んでもらう(これが赴任1週間前ぐらい)

 

5.現地に赴任。到着後、2泊分だけホテルに滞在。その間に大家さんと正式な契約書を結ぶ。

 

6.ホテルから荷物を運びいれて、入居完了!

 

7.後日、現地の銀行口座・小切手を作り、大家さんへ契約期間分の小切手を渡しました。

 

実際、かなりバタバタしました。時間には余裕をもって探すべし・・・。

 

あと、入居した物件は、かなり、かなり汚れていたため、丸2日間は大掃除でした。私は赴任翌日から仕事だったので、その辺は、ヨメノウチが主にやってくれたのですが、かなり汚かったとのこと・・・。(クラシファイドでお掃除のお手伝いもお願いしたぐらい)

 

モントリオールは、雪も多いので、家では靴を脱ぐ生活をされる方が多いようですが、もしかしたら前入居者が土足で生活するスタイルの方の場合もあるので、その場合、お掃除は大変かも?

 

 

ということで、だいぶ長くなってしまいましたが、備忘録も兼ねて、私が赴任した際の物件探し・賃貸契約についてまとめました。

 

家賃相場については、エリアによってピンキリなので、今回は割愛しました。

あくまで、私のケースではありますが、ご参考までに!

 

 現場からは以上です。A la prochaine !
(ヤマノウチ)

 

↓こちらもぜひご覧ください