サイバーコネクトツーモントリオールスタジオBlog

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーのモントリオールスタジオから現地カナダの情報をお届けします!

娘1歳8ヶ月、モントリオールのデイケア(幼稚園)に通い始める

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ←1日1回ポチっとお願いします!

試練のとき!

f:id:cc2_montreal:20170724085905j:plain

アロー! CC2モントリオールスタジオのヤマノウチです!

Allo! Ici, Koji de CyberConnect2 Montreal Studio!

 

1歳8ヶ月になった私の娘チビノウチですが、7月からデイケア(幼稚園)に通い始めました。 ※こちらではギャルデリーとも言うそうですね

 

以前から、1歳半を過ぎたら娘をデイケアに預けようと思っていました。

 

というのも、妻も私も自宅では日本語しか話しません(というか日本語しか話せません)。せっかくカナダにいるのに、娘にとっては日本で暮らしているのと変わらない状態なのです。

 

少しでも英語やフランス語に触れる機会を作ろうと考え、デイケアに預けるのが良いだろうと思ったわけです。

 

 

 

デイケア探し

デイケアは専用のウェブサイトから自宅近くの園を検索して見つけました。細かい話をすると長くなるので割愛。フランス語が分かる友人の手も借りて、何とか登録することができました。

 

↓使ったのはこちらのサイト

www.magarderie.com

  

デイケア初日

事前に、見学と契約を済ませて、いざ通園!

 

f:id:cc2_montreal:20170724085905j:plain

 

私と妻にとってもはじめての通園。

 

英語対応してくれる園とはいえ、基本はフランス語。そもそも私たちの英語も通じるのだろうか? と、ちょっと緊張。娘を和ませようと、道すがら話しかけていたが、実は私たちのほうが緊張していたわけ。

 

意気込んで幼稚園に到着すると、ドアが閉まっており、室内の電気も消えていました。

 

「え? 来る日まちがえた?」と思ったら、張り紙があり、「工事中のため別の建物に来て」的なことが書いてありました。

 

「なにー。初日からこれかー」と思いながらも、仕方なく別の建物へ。どうやら天井の雨漏り工事で1週間は入れないらしい。モントリオールらしいといえばらしいが、こういうときのイレギュラーは本当に焦ります(やめてー)。

 

別の建物は、事前に見学した建物とはちょっと雰囲気も違っていて、部屋も狭い。

 

建物に入って早々、初めて入る建物と、緊張した両親の雰囲気に、泣き出す娘チビノウチ・・・。

 

こりゃいかんと、しばらく娘といっしょに園のおもちゃで遊び、緊張をほぐす作戦。しかし、固まって動かない娘・・・。(それがうえの写真)

 

15分ほど一緒に遊びましたが、そろそろ会社に向かわなければならない時間に・・・(あー)。

 

担当の先生も「あなたたちが外に出たら、たぶん泣き止むわ」的なことを言ってくれ(フランス語で)、後ろ髪を引かれつつも退室。

 

部屋から出ると娘の泣き声が聞こえる・・・(あーなんて切ない)。

 

できることなら1日一緒に遊んであげたい・・・いやしかし、ここは心を鬼にして行くしかあるまい・・・!

 

普段、日中は妻とふたり、日本語だけの環境で過ごした1年8ヶ月間。突然のフランス語の環境でパニックだと思うけれど、何とか初日を乗り切っておくれ・・・。

 

お迎え

心配すぎてお昼休みにデイケアのマネージャーに電話してみました。

「2人が出ていったあと、しばらくしたら泣き止んだわよ。でも今日は初日だから、早めに迎えに来て。」とのこと。むむむホント?!

 

ちょっと安心しつつ、妻に電話し、15時頃に迎えにいってもらうことにしました。

 

妻が迎えにいくと、やっぱり泣いていたそうな。その日の夜は、疲れてすぐ寝てました。(がんばったね!)

 

通園

初週は、慣らしもあって3日間(月、水、金)だけの通園。

2日目は、登園後も泣き止まず、「早く迎えにきてー!」とマネージャーさんの電話。昼過ぎに迎えにいくことに。

3日目は、風邪をひいたためお休みすることに。

 

2週目もそんな感じで3日間だけ。

この週から正式な建物へ移動。登園後、別れ際にギャン泣き。(こっちもツライぞ!) 16時にお迎えできるようになりました。

 

 

3週目、意を決してフルタイムで月~金まで5日間預けてみることに。

やっぱり別れ際に泣く。でも泣きながらバイバイと手を振ってくれるようになりました。先生にも少しずつ慣れ、お昼ご飯もしっかり食べ、お昼寝も2時間できたらしいです。でも、妻が迎えていくと、いつも出口の柵の前で外を見ながら泣いているみたい・・・(お父ちゃんも泣けてくるよ)

 

でも、いいぞ! その調子! ちょっとずつがんばろう!

 

4週目

ということで、来週から4週目。土日を挟んだので、またリセットされていないか心配なところです。

 

それにしても、いきなり日本語以外の環境に放り込まれた娘もちょっとずつ成長してきており、先日は気に食わないことに対して「ノン(NON)!」と、さっそくフランス語を使っておりました。

 

日本語っぽくない喃語(なんご)も増えてきております。英語ならまだしも、フランス語になると私たちも理解できないので、どうしたものかと。

 

一応、英語対応のデイケアなんですけど、やっぱり基本はフランス語で話すみたいです。通っている子どもたちもフランス語の家庭ばかりのようで、娘もそれにつられているのでしょう。(アジア人は娘1人だけ)

 

しばらく、娘も妻も私もチャレンジな日々が続きそうです! がんばるぞヤマノウチ家!

 

現場からは以上です。A la prochaine !

ヤマノウチ