サイバーコネクトツーモントリオールスタジオブログ

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーのモントリオールスタジオからカナダの情報をお届けするブログ

CC2モントリオールスタジオへの求人応募状況まとめ

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ←1日1回ポチっとお願いします!

 約半年ぶりにスタジオ求人状況についてまとめました。

f:id:cc2_montreal:20170911114029p:plain

Allo! Ici, Koji de CyberConnect2 Montreal Studio!

アロー! CC2モントリオールスタジオのヤマノウチです!

 

最近のスタジオへの求人応募についてまとめてみた。 

 

 

 

募集経路

求人応募については、スタジオの公式サイトにあるエントリーフォームからのみ受け付けています。facebookやLinkedInなどから簡単に誘導はしているものの、積極的な求人広告やスカウト型の採用は行っておらず、スタジオに興味を持っていただいた方からの“応募待ち”の状態です。

 

応募者数と合格率

f:id:cc2_montreal:20170911114001p:plain

 応募者数 約600名
書類選考合格率 13%
一次面接合格率 4%
二次面接合格率 3%

 

まず応募数については、2016年5月から募集を開始し、これまでに約600件のご応募をいただいております。そこから書類選考、面接を通過し、入社に至ったのは約3%となっています。

 

書類選考合格率が低いのは、そもそもスタジオのサイトに情報が不足しており、応募時のミスマッチを生んでしまっているからかもしれません。今後はサイトの求人情報を拡充する方針です。

 

面接を受けた方の合格率

一次面接を受けた方の合格率 29%
二次面接を受けた方の合格率 82%

一次面接を受けた方の約30%が合格しています。二次面接については、そのほとんどが合格となっています。 基本的に二次面接が最終の面接ですが、スキルチェックなどで別途複数回面談することもあります。

 

志望職種

f:id:cc2_montreal:20170911114029p:plain

アーティスト 51%
ゲームデザイナー 27%
プログラマー 9%
その他(通訳・広報など) 7%
サウンド 3%
QA/テスター 2%

 

ざっくりとした分類になってしまいますが、約半数がアーティストの応募です。(実際は、アーティストの中でもモデラーや背景などにわかれます) ※半年前のレポートとほぼ同じ比率。

 

モントリオールでは、ゲームだけではなく、VFX系のクリエイターも多いため、このような比率になっているのかもしれません。

 

国別応募比率

f:id:cc2_montreal:20170911114047p:plain

カナダ 75%
フランス 9%
不明 4%
アメリカ 2%
イギリス 2%
ブラジル 1%
日本 1%

 

当然といえば当然ですが、カナダ国内(現在地として)からの応募が一番多く、7割以上です。ついでフランス、アメリカの順。やはりフランスからは言語のバリアも少なく、VISA取得の観点からも応募しやすいのでしょう。

 

そのほか、応募のあった地域として、韓国、シンガポール、ベルギー、デンマーク、レバノン、モロッコ、フィリピン、メキシコ、オーストラリア、イタリア、スペイン、ポルトガル、インド、スウェーデン、サウジアラビア、アルジェリアなどがあります。

 

応募地域(カナダ国内)

f:id:cc2_montreal:20170911114103p:plain

ケベック州からの応募 70%
州外からの応募 30%

 

一番応募の多いカナダですが、その内訳としては、やはりモントリオールを含むケベック州からの応募が7割。その他としては、トロントを含むオンタリオ州、バンクーバーを含むブリティッシュコロンビア州の順でした。

 

ということで、今回のまとめはここまで。

 

元々、社内用にまとめていたんですが、せっかくなので掲載。また定期的に掲載したいと思います。

 

現在、私を含めてスタッフ数7名!(入社内定者はもうちょっとおります)

目標の54人まで、まだまだ採用活動は続きそうです。

 

現場からは以上です。A la prochaine !

ヤマノウチ

 

cc2-montreal.hatenablog.com