サイバーコネクトツー モントリオールブログ

モントリオールスタジオのマネージャー日記

本帰国で猫を日本に連れて帰る(輸入)準備

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ←1日1回ポチっとお願いします!

どうも、モントリオールのヤマノウチです。

 

もう2月も終わりそうですね。我々ヤマノウチ家も5月末~6月半ばごろ(日付は未定)には、日本へ本帰国する予定ですので、その準備を少しずつ始めています。

 

その中でも、一番時間がかかるのが、猫2匹を連れて帰る準備。

日本は、ペットの輸出入に関する基準が厳しいらしく、カナダに連れてくるときもかなり大変でした…。

 

連れて帰るまでのステップはこちら↓

 

  1. マイクロチップの埋め込み(個体識別)
  2. 狂犬病予防注射(2回以上)
  3. 狂犬病抗体検査
  4. 輸出前待機(180日間以上)
  5. 事前届出
  6. 輸出前検査
  7. 輸出国の証明書の取得
  8. 輸入検査

詳細はこちらに書いてあります↓

犬、猫の日本への入国 (指定地域以外編):動物検疫所

 

うちの2匹は、保護猫ということもありマイクロチップは、譲り受けたときにすでに埋め込み済みでした。

 

問題は、「狂犬病抗体検査」

 

日本を出るときにも同じステップがあったのですが、なかなか値が基準を超えず、何度もワクチン⇒採血することになりました(ネコノウチ・グレーが1回、ブラックは3回)。1回2万円ぐらいしたので、これだけでも約8万円かかりました。。今回は、それぞれ1回で基準をクリアすることを祈ります・・・!

 

ということで、昨年ペットクリニックへ行ったときの様子↓

 

f:id:cc2_montreal:20190226012508j:plain

↑2匹をキャリーに乗せます。ネコノウチ・グレーは約6キロ、ブラックは約5キロあるため両肩に担ぐとかなりの重量感です・・・。

 

今回は、ちょっと離れたクリニックへ行くため、キャリーを娘のベビーカー(ストローラー)に乗せて連れていきました。

 

いつもは自宅から数分のところにあるペット病院を使っていたのですが、そこに日本への輸入について話をすると「対応した経験が無い。詳細は政府機関に聞いてほしい。」とのことで、ちょっと対応が難しそうだったのです。

 

f:id:cc2_montreal:20190226012551j:plain

↑ということで、今回はOutremontにある猫専門で評価の高い「Chaton Santé Clinique」さんへ行くことにしました。

 

https://www.veterinairechaton.com/

 

f:id:cc2_montreal:20190226012608j:plain

↑2回目のワクチン接種と採血の様子。バスタオルにくるまれて大人しいネコノウチ・グレー。

 

f:id:cc2_montreal:20190226012625j:plain

↑怖がりなので固まって全然動かないネコノウチ・ブラック。

 

2匹とも、首元あたりの毛をバリカンで剃られて採血されていました。ちょっとバリカンにびっくりしてましたが、無事に採血できました。

 

 

ただし、血液検査について難点が1つ・・・。

 

日本の指定する血液検査機関がカナダには存在せず、アメリカにある「カンザス州立大学狂犬病研究所」まで送らなければならないのです。

詳細:指定検査施設:動物検疫所

 

最初の動物病院に聞いた際には、「うちのクリニックでは、その検査機関に送ることはできない。そこは自分たちでやってほしい。」との回答でした。

 

「猫の血をどうやって保管して、どうやって送ればいいんだ・・・?!」と頭を抱えていたのですが、今回のクリニックでは、そこも含めてやってくれるとのこと。安心。

 

担当してくれた獣医さんも終始優しい感じで、非常に好印象。元々、電話で「日本への輸出」であることを伝えていたところ、諸々の手順について獣医さんのほうでも調べてくれていました。すばらしい!

 

ということで、血液をアメリカまで送ってもらい、待つこと2週間。結果が帰ってきました。

 

抗体価が0.5/mlを超えていれば基準クリアです。

 

まずは、グレー。

 

f:id:cc2_montreal:20190226024243j:plain

↑3.46! 余裕でクリア。日本から来たときも1発でOKだったので、心配はしていませんでした。

 

問題は、グレー。前回は、3回目でやっと合格でしたが・・・

 

 

f:id:cc2_montreal:20190226024228j:plain

↑1.51! 危ないところでしたが、無事に合格! やったー!

 

これで、あとは180日の待機期間を終えれば、問題なく連れてかえれるはず!(まだまだやることはある)

 

  • マイクロチップの埋め込み(個体識別)
  • 狂犬病予防注射(2回以上)
  • 狂犬病抗体検査
  • 輸出前待機(180日間以上) ⇐いまここ
  • 事前届出
  • 輸出前検査
  • 輸出国の証明書の取得
  • 輸入検査

 

次は、オンラインから事前届出をやろうと思います。

 

ちなみに、今回のクリニックで掛かった費用を参考までに書いておきます。同じようなことをされる方がどれぐらいいるかわかりませんが、参考になれば幸いです。

 

※金額は2匹分

狂犬病ワクチン1回目:$234.55
狂犬病ワクチン2回目+血液検査+検査機関への送付:$902.50

 

合計$1137.05。9万7000円ぐらい‥‥。

 

1回で合格したのは良かったのですが、結局日本よりも費用がかかってしまいました…。1回で終わって本当によかった。

 

現場からは以上です。

ヤマノウチ