サイバーコネクトツーモントリオールスタジオBlog

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーのモントリオールスタジオから現地カナダの情報をお届けします!

言わなければ、わからない!

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ←1日1回ポチっとお願いします!

最近、モントリオール以外の遠方にお住まいの方々とSkypeで面接をしているのだけれど、今週は特に多かった。

 

そこでふと気付いた。

f:id:cc2_montreal:20170401144005p:plain

 

 

「Skype=ビデオ通話だけではない」

 

私は、日本にいるときはSkypeを仕事で使う場面が多く、そのほとんどが遠隔地とのビデオ会議。

 

勝手ながら私のなかでは、「Skype面接」=「ビデオ通話面接」というふうに脳に刷り込まれていたわけだが、実際に面接をしてみると8~9割の方が「ビデオOFF」、音声通話のみで面接に参加される。

 

もちろん「すみませんが、よければビデオONにしてもらえませんか?」と伝えると、快くONにしてくれるので、WEBカメラがないわけでもない。

 

それに、PCじゃなくて、スマホのSkypeを使われる場合もある。

 

確かに、Skypeと一口に言っても、チャットも音声通話もあるわけで、「Skypeしませんか?」と伝えても、それが何を指すのかは人それぞれだよなぁと。

 

何事も、自分の尺度だけで考えたらマズイなと。次から事前にビデオありの旨を伝えることにした。

 

それにしても、ビデオ通話のときは聞きとれる英語も、音声のみだととたんに聞きとれなくなる・・・。コーディネーターさんにも同席してもらってるので聞きもらすことはないのだけど。

 

同じく、電話の英語も聞きとりづらい。銀行とかの音声ガイダンスでさえ何度か聞き直してしまう始末。

 

表情とか、身振り手振りが与える影響って思ったよりも大きいんだなぁ。

 

一番の解決策は、はやく英語に耳を慣れさせる!

 

・・・ではなくて、「直接会って話す」ことなのだろう。

 

会いたくて 聞き取れなくて 震える

 

・・・

 

現場からは以上です!

See you soon!