読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイバーコネクトツーモントリオールスタジオBlog

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーのモントリオールスタジオから現地カナダの情報をお届けします!

モントリオールの地下鉄(メトロ)、CC2のスタジオはどこにある?

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ←1日1回ポチっとお願いします!

ボンジュール! モントリオールのヤマノウチです。

 

最近やっとモントリオール市内の位置関係がちょっとずつ分かってきました。

 

今回は、地下鉄(メトロ)を紹介しながら、サイバーコネクトツーモントリオールスタジオがどこにあるのかご紹介していきます!

 

 

まず、こちらがメトロの地図です↓

 

f:id:cc2_montreal:20161214033433j:plain

 

グリーン、オレンジ、イエロー、ブルーのラインが走っているのがわかりますね!

■PDF版はこちら

http://www.stm.info/sites/default/files/pictures/a-plan_metro_noir_2016.pdf

 

色分けされていて非常にわかりやすいです。

我々のスタジオは、このオレンジラインにある「ローリエ」という駅の付近にあります。

 

ちょっとモントリオール中心地をエリアごとにわかりやすくしてみました↓

f:id:cc2_montreal:20161214044054j:plain

↑サイバーコネクトツーモントリオールスタジオは黄色の「マイルエンド」エリアにあります。中心街であるダウンタウンからメトロで15分程度。

 

では、我らが聖地ローリエへ行ってみましょう!

 

f:id:cc2_montreal:20161214034453j:plain

↑これがローリエ駅の入り口!(もう1個大きな改札口もありますが、わかりづらいのでこっちを使います)

 

どこの駅もそうですけど、メトロの入り口のドア・・・めちゃくちゃ重いんですよね・・・。(たぶん空気圧の問題だと思うんですけど)

 

マンガ『HUNTER×HUNTER』でいうところの「試しの門」って感じで、メトロに乗る前にちょっとした試練が待ってます。求められる腕力!

 

屈強なモントリ男子の後ろに付いて入るのも手です。私はそうします。

後ろにレディがいる場合は開けておいてあげるのがマナー。

 

試しの門をくぐると、続いて改札選別の門があります。

ここでも、通るに値する人間か(運賃を払ったか)どうかを判断されるわけです。

 

f:id:cc2_montreal:20161214035117j:plain

↑これは別の駅のですが、どこも同じマシーンです。

  

そのまま進もうものなら、「赤い鉄の刃」(写真左)に挟まれ、両モモをグギッっとやられるか、クルクル回る「鉄のこん棒」(写真中央)で下腹部を連続強打し「うおっおっおっおっ・・・となることは避けられません。

 

ここを攻略するには、アレが必要です!

 

f:id:cc2_montreal:20161214035619j:plain

 

メトロカードだッ!

これは、紙製の一時カードで、チャージすることはできない。

 

さっそく手にいれよう。

 

大体、どこの駅にもこんな感じのキオスク端末がある。

 

f:id:cc2_montreal:20161214040753j:plain

注意して欲しいのは、「大きいキオスク」「小さいキオスク」があることだ!

 

竜宮城帰りの浦島太郎なら小さいキオスクを選ぶと思いますが、そっちはチャージ専用の上級者向け端末なので、はじめての人は「大きいキオスク」を探すといいだろう。

 

まずは、言語を選ぶ。

私のようにフランス語ができない方は、画面右下の英語メニューをセレクトするといいだろう。

 

つぎに、何回分のチケットかを選ぶ。

1回分は$3.25。往復チケットだと$6になって、ちょっとお得だ!

※ほかにも、1日フリーパスや、週末フリーパスなんかもあるぞ。

 

そして、代金を支払う。

クレジットカード(日本のでも可。VISAかマスター)や、現金で支払おう!

キオスクの右側にカード挿入口があるので、そこをチェック。

カードを入れると、また言語を聞かれるので、ここでも「Anglais(英語)」を選択するといいだろう。(何回聞くんだ!)

 

支払い完了!・・・でもまだ油断はできない!

 

右側のカード支払い画面で「完了」となったあと、「しばらくお待ちください」となるわけだが、すぐに写真3番のカード排出口を覗いてはいけない!


そのまま待っていてもカードはずっと出てこないぞ!

 

なんとキオスク左側の画面(最初のタッチパネル)に「レシート入りますか?」と出ているではありませんか?!

ここで、Oui(Yes)かNon(No)を押さないと、次のステップにいかないのだ!

 

一度、左画面に目をやる必要がある・・・だと?!

求められる注意力!

 

さあ、メトロカードを手に入れたら改札をくぐろう。

 

f:id:cc2_montreal:20161214042519j:plain

↑日本と同じ、ピっとかざすだけ。(2回かざすと、2回分取られるので注意しよう。私は、やられた。)

 

f:id:cc2_montreal:20161214042651j:plain

↑ちなみに、リチャージ式の「OPUS」カードというのもある。博多でいうところの、nimoca(ニモカ)カードのようなプラスチックカードだ。私はこれを使っている。バスにも乗れるぞ!

 

OPUSカードは、駅の窓口で買うことができる。窓口スタッフに「OPUSくれ!」と言うと「1年分?半年分?」と、いきなりロングスパンをレコメンドしてくるから気をつけろ!1トリップでOKだ!

 

・・・やっとの思いでプラットフォームに到着!

 

f:id:cc2_montreal:20161214042901j:plain

↑ホームはこんな感じ。ローリエは小さい駅なので、安全ゲートのようなヤボなものは存在しない。自分の身は自分で守るのだ。

 

f:id:cc2_montreal:20161214043325j:plain

↑これは新型車両。乗れたらラッキーだ。

 

なお、電車がホームに到着してからドアが閉まるまで、恐ろしく短いから注意しよう。(特にローリエは短い気がする・・・なんとなく)

 

体感的には、5秒!

閉まる前にベルとかも鳴らない。

(なんかうっすら「キンコンカーン♪」みたない音がする)

1回閉まったら、開かない。

(一度、妻が挟まれた・・・)

 

すぐ乗る!すぐ降りる!

求められる俊敏性!

 

f:id:cc2_montreal:20161214043944j:plain

↑駅の案内板は非常にわかりやすいので、グッドです!

 

ラインを乗り換える際も、色を目印にすればいいので簡単です。

(グリーンに乗り換えるときは、グリーンの看板のほうへ)

 

このように、メトロに乗るには、腕力、注意力、俊敏性が求められるますが(嘘)、慣れるとどうということはありませんので、モントリオールにいらっしゃったときは、うちのスタジオにもぜひお越しください!

 

 

ヤマノウチ