読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイバーコネクトツーモントリオールスタジオBlog

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーのモントリオールスタジオから現地カナダの情報をお届けします!

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ←1日1回ポチっとお願いします!
記事一覧  プロフィール  メールする

スタジオの採用面接がスタート!

ども! サイバーコネクトツーモントリオールスタジオのヤマノウチです。

 

これまで、スタジオの運営準備を進めてきているわけですが、いよいよゲーム開発スタッフの採用活動を本格化させています。

 

そして、本日より採用面接がスタート!今日は2件!

(やったー!)

 

実はこれまでにも、開発以外の部署の面接は行っていたのですが、開発スタッフはこれからなのです。

 

f:id:cc2_montreal:20170111005408j:plain

 

すでにうちのサイトには、求人情報を載せているのですが、これまでに数百件の応募が集まっています。(たくさん来すぎて、対応しきれていない状態。少しずつ進めています。)

 

日本側の開発スタッフも選考に加わり、そこからCC2の文化や条件に合った方をピックアップしていきます。

 

cyberconnect2.ca

 

書類選考をする中で興味深かったのが、日本との「履歴書」の違い

※履歴書は、英語でCV(Curriculum Vitae)カリキュラム・ビートというのだそうですね。それにカバーレターという自己PRみたいなものをセットで応募することが多いようです。

 

ゲームという、クリエイティブなジャンルということもあるのでしょうが、送られてくる履歴書がどれも個性的で、カラフル、グラフィカルなものばかりでした。

 

レーダーチャートで自分の能力を表現したり、履歴書自体がゲーム画面のようなデザインになっていたり。凝っています。

 

モントリオールという土地柄、英語で書かれていたり、フランス語だったり、ときどき日本語を使ってくれていたり、言語も様々

 

日本だとほとんどフォーマットが決まっていて、それに見慣れていたせいか、おもしろく感じます。

 

それが見やすいかと言われると・・・やはり日本のフォーマットのほうが理路整然としていて見やすいので、どちらが良いというわけではないですが。

 

あと、日本の履歴書に必ずある、「顔写真」、「生年月日」、「性別」などの記載もこちらでは書かれていないです。そういう個人的資質を採用基準にしてはいけないということのようです。

 

でも、ほとんどの場合、LinkedInのURLを書いている方が多いので、そちらを見に行くとプロフィール写真を見れるので、ある程度推測することはできます。

 

 

面接でも、個人的情報に触れるような質問や、業務に直結しない質問はNGとのこと。(日本でも、最近はそういう配慮が必要ですね。)

 

代表的なNG質問の例:

  • 性別:女性ですか、男性ですか?
  • 年齢:何歳ですか?
  • いつ卒業しましたか?
  • 国籍はどこですか?
  • 母国語はなんですか?
  • 宗教:何教の信者ですか?
  • ご両親はどこ出身ですか?
  • ご結婚されていますか?
  • お子さんはいらっしゃいますか?
  • どなたと住んでいますか?
  • ご家族はお元気ですか?
  • 最後に健康診断に行ったのはいつですか?
  • 過去に手術や大きな病気にかかったことはありますか?
  • 政治:民主党派ですか?共和党ですか?
  • 犯罪歴はありますか?
  • 借金はありますか?
  • など

 

ふむふむ。うちの場合は、技術的な質問をすることが多いので、あまり問題ないですが、油断して聞いてしまわないように、注意!

 

 

ということで、いろいろ違いはあれど、新しいスタッフを迎え入れるのは、変わらず嬉しいことです。

 

はやくチームメンバーを揃えて、開発をスタートできるように面接に励みます!

 

英語も人事も不慣れな私が、一番がんばらねば・・・。
履歴書を読み解くのも、面接アポイント調整するのも時間がかかってるなぁ・・・。

(お待たせしている皆さん、申し訳ありません!)

 

よーし、やるぞーー!!

 

ヤマノウチ