読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイバーコネクトツーモントリオールスタジオBlog

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーのモントリオールスタジオから現地カナダの情報をお届けします!

モントリオールスタジオへの求人応募職種

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ←1日1回ポチっとお願いします!

ども! モントリオールスタジオのヤマノウチです。

 

スタジオの求人についてのお話。

(なるべくリアルタイムかつ赤裸々に記録しておきたいと思います。)

 

 

スタッフの求人については、比較的早い段階で募集を開始していました。

時期としては、昨年2016年5月に行った「スタジオ設立」のプレス発表に併せて、WEBサイトを開設し、求人応募もスタートさせました。

 

当時は、まだスタジオ自体も内装工事の最中。求人内容や条件面も明確に固まっていなかったので、今思うと若干、見切り発車な部分もありました。募集内容も「募集職種」を公開していただけでした。

 

そのような状態で、募集を開始し、およそ10ヶ月が経過

いまも基本的には、うちのWEBサイトだけで募集を行っています。※他にも学校さんのSNSなどにも掲載してもらっています。

 

現在の応募者数としては、およそ300件

その職種割合をグラフにしてみました↓

 

CC2モントリオールスタジオへの求人応募職種割合:

f:id:cc2_montreal:20170209065856p:plain

大ざっぱな分け方ですが、やはり一番多いのはアーティストで全体のおよそ半分です。

モントリオールは、VFXやCG・アニメーション系の企業や学校が多いためか、潜在的にアーティスト職のクリエイターが多いようです。

 

必然的に、うちのスタジオも、アーティストを中心とした構成になっていくと思います。

 

続いて、ゲームデザイナー、プログラマーの順です。

「その他」については、宣伝、広報、インターンシップ、管理部門なども含まれています。

 

特に、プログラマーは、そもそもの数が少ないうえ、「スカウト待ち」な方も多く、自分から職を探してエントリーするような方は少ないようです。プログラマーに関しては、なかなか我々の求める条件に合致する人材を見つけるのは難しそうな印象です。

 

サイバーコネクトツーでは、スカウトのような、いわゆる「引き抜き」を行っていないので、基本的には応募者からのエントリーを促すスタンスです。これは、日本でも同じです。

 

ただ、待っているだけではなく、その分、うちの会社に興味をもってもらえるようなPRや、会社説明会などを通じて、応募のきっかけを作っています。

 

なお、300件の応募があっていますが、そこから書類選考を通過するのは10%未満にとどまっています。選考は日本側のチームと連携して行っており、選考基準も、ほぼ日本の基準と変わりはありません。

 

スタジオのキャパとしては、50席弱を用意していて、2年後をメドにそこまで採用したいと計画しています。(スタジオの広さ自体には余裕があるので、将来的にもう少し席は増やせるかもしれません)

 

現在は、採用面接の真っ最中、という段階。

 

 ※こちらもぜひご覧ください↓

cc2-montreal.hatenablog.com

 

応募職種の内訳や、新卒・中途の割合なども、追々ご報告したいと思います。

 

今回は、ここまで。

現場からは以上です!

 

(ヤマノウチ)